特殊な入れ歯(上下チタン床義歯)



古い記事の整理。

 上はフルデンチャー、下はパーシャルです。今ケースは二度目のチタン床義歯作製ということもあって、いろいろな面で旧義歯の改善点を考慮し、かなりクオリティの高い設計が出来た症例です。一番の改善点は、上顎の歯槽提に人工歯を配列すると、対合する下顎の人工歯配列が歯槽提から舌側にはみ出てしまう点の改善でした。そこで、舌スペースを確保するために下顎の歯槽提を基準に人工歯を配列しました。結果、左側は交差咬合になりましたが、舌スペースは広くなり、装着感も飛躍的に向上しました。ところが、試適段階で上顎の義歯の転覆が酷くなってしまったため、テクニシャンK氏の発案で下顎の臼歯部を1ミリ舌寄りにして、尚且つ舌側に傾斜をつけ、上顎の臼歯部を歯槽提に近づけると同時に強引に正常配列まで持っていきました。
結果、舌スペースはほとんど変わらずに義歯の転覆を抑えることが出来ました。まさに三位一体(ドクター、テクニシャン、患者さん)が素晴らしく機能した瞬間ですね。医者冥利に尽きます。ちなみに、上顎の後縁はメッシュ、下顎の左側は唇側が白金加金のワイヤークラスプ、舌側はシンギュラムレストの設計です。また、義歯のたわみ、食片圧入防止の目的でメタルアップを施しました。チタンのキャストと配列、仕上げには二人のテクニシャンが係ってますが、共に素晴らしい仕事をしてくれたと感謝の気持ちで一杯です。この場を借りて御礼申し上げます。

コメント

非公開コメント

プロフィール

入れ歯職人

歯科診療ブログ 内田歯科医院 へようこそ!

Master of complete denture

☆☆☆究極の入れ歯☆☆☆
ループシリコーンデンチャー マイスター