下顎部分床義歯(保険)



保険適用でのケースです。適合精度は素晴らしく、咀嚼能率も飛躍的に向上させることが出来ました。また、使用金属をコバルトクロム床、チタン床に変えることによってリンガルバー(舌に触る金属のプレート部)はさらに薄く、舌感は優れたものとなります。保険適用金属の12%金銀パラジウム合金の場合、強度的な問題と少なからず経時的に必ず酸化(金属の酸蝕)が起こりますので、定期的な診療サイドにおける酸化被膜の除去をお勧め致します。ご参考下さいませ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

入れ歯職人

歯科診療ブログ 内田歯科医院 へようこそ!

Master of complete denture

☆☆☆究極の入れ歯☆☆☆
ループシリコーンデンチャー マイスター